最近は各自治体もHEMS・太陽光発電に積極的に取り組むようになってきましたね。そこで、最近のHEMS・太陽光発電関連、補助金ニュースをまとめてみました。

7/28:小田原市
平成25年度住宅用太陽光発電システム補助金
高さ10mを超える建築物に太陽光発電システムを設置する場合や、太陽光発電システムの設置により建物の高さが10mを超える場合、都市計画法による高さ制限及び建築基準法の日影規制等の対象となる場合があります。
該当しそうな方は、事前に下記所管課にご相談下さい。
平成25年度住宅用太陽光発電システム補助金

7/28:すまい給付金に関する国交省の説明会、窓口開設のお知らせ。
消費税増税に伴う「すまい給付金」に関して、事業者、及び消費者に向けての説明会及び問い合わせ窓口が開設されたのでお知らせします。
すまい給付金に関する国交省の説明会、窓口開設のお知らせ。

7/3:既築住宅における高性能建材導入促進事業
本事業は、高性能建材の市場拡大と価格の低減により既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修を行う者に補助金を交付し、予算の範囲内において、その活動を支援するものです。
既築住宅における高性能建材導入促進事業

6/30:住宅エコポイント
住宅着工は前年を上回り、各社の受注動向も好調で、市場は回復傾向にあります。ストック活用のリフォーム市場もここ最近、活性化しているようです。その要因の一つには、住宅版エコポイントの効果が挙げられます。省エネ性能の高い新築住宅や省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム工事に対して、政府からエコポイントが付与される制度ですが、予定では2010年の12月までの期限だったものが、2011年12月まで対象期間が1年間の延長となりました。
住宅版エコポイントは期限付きですから、有効に活用したいものです。
東京ガス : ビジネスメルマガ / 住宅&住設トレンド / 住宅エコポイントが1年延長で拡充へ 3つの省エネ設備も対象に!

6/20:東京都
東京都は、「スマートエネルギー都市の推進に向けた補助事業」を開始することを、2013年6月18日に発表した。家庭向けの燃料電池や蓄電池、オフィスビル向けのコージェネレーション・システム、中小テナントビル向けのBEMS(ビル・エネルギー管理システム)などに補助金を支給する。いずれも国の補助制度との併用が可能である。
東京都が100億円の補助金、家庭向け燃料電池などに

和歌山県
和歌山県は、2013年度も県内の住宅向けに太陽光発電設備の導入補助金制度を実施し、5月24日に公募を始めた。
和歌山県、2013年度も県内の住宅向けに太陽光発電設備の導入補助金実施、公募開始 

山梨県
「対象は、金融機関からの融資を受け、住宅の屋根に太陽光パネル(10キロワット未満)を設置するケースに限り、上限は8万円」
太陽光発電:住宅向け補助金受け付け 県「早めの申請を」 /山梨

 東京都
「東京都は、住宅用太陽光発電導入時の初期投資軽減及び安心の担保を実現する「屋根ぢから」ソーラープロジェクトの第一ステップとして、連携する金融機関にジャックスを選定した。ジャックスは、実質年率1.95%で低利ソーラーローンを提供する。
東京都、低利ローンを活用した住宅用太陽光発電導入の推奨プランを公募

岩手県
大船渡市は16日、個人住宅に太陽光発電システムを設ける市民に最大で10万円を補助すると発表した。国や県の制度も使えば計28万円の助成を得られる。条件は新品パネルの設置か、設置済みの建売住宅の購入。
ニュースBOX:大船渡が太陽光発電に10万円補助 /岩手

神奈川県
神奈川県は16日、県内にスマートハウス(次世代環境住宅)を普及させるため、不動産取得税を半額にする措置を始めると発表した。住宅に実装するエネルギー機器に対する補助金とセットにする。
神奈川県、スマートハウス普及へ不動産取得税の半額措置開始

横浜市
横浜市は、HEMS(家庭用エネルギー管理機器)等を導入する市民に対する補助金交付の受付を開始した。これは、平成25年度横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)の「実証HEMS等導入事業」として行われるもの。
横浜市、HEMS設置に補助金 太陽光発電併設の場合10万円

その他下記のリンク先に全国の各自治体の補助金の情報が掲載されていますので参考にして下さい。