タマホームが家庭の省エネを支援するための「ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)」を備えた次世代型住宅の販売を今年6月以降、新築・分譲住宅を全棟標準仕様とすると発表しました。

タマホームは、HEMS搭載住宅において、さまざまな機器やサービスを連携させ、家庭のエネルギー消費や暮らしの最適化を支援する双方向型サービスを目指しており、日本IBMがHEMSの構築と運用を支援する。タマホームでは、HEMS搭載住宅の販売について、今後3年間で新築3万棟、既築2万棟を見込む。

13-0322-02

タマホームと日本IBMという組み合わせは面白いですね。互いに補完しあう関係同士で日本の住宅市場を変えようとしているのでしょうか?

タマホーム、HEMS住宅を全棟標準仕様に 日本IBMがシステムを支援 [環境ビジネスオンライン]