国内初、1/2サイズの「木の家」モデルハウスを展示する販売拠点。 音声ガイド導入による無人型住宅営業に挑戦。

「無印良品の家」のネットワーク事業を展開するムジ・ネット株式会社(本社 東京都豊島区 代表取締役社長・松井 忠三)は、2013年4月26日(金)にJR大阪駅北側に開業する‘グランフロント大阪’の北館タワー4F、「無印良品 グランフロント大阪」に併設する「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」を出店致します。

「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」4/26オープン!

■「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」について

(1)日本で初めて1/2サイズの「木の家」モデルハウスを展示する販売拠点
細部まで忠実に1/2サイズに縮小した「木の家」モデルハウスを展示し、無印良品の家を販売します。モデルハウス内部のインテリアも1/2サイズの収納や生活用品でコーディネートしています。見る人が2倍の大きさになったと錯覚するような感覚があり、これまで見たことのない目線でモデルハウスを見ることができます。

「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」4/26オープン!また、モデルハウスで撮影をすることができるので、来場者とのコミュニケーションをSNSを通じてはかります。

(2)音声ガイドの導入による無人型住宅営業に挑戦
これまでの営業担当者による説明ではなく、音声ガイドによる商品説明を導入しています。
モデルハウスや順路のパネルを見ながら、まるで美術館のように音声ガイドが商品コンセプトや考え方を解説します。約7分間で「無印良品の家」のコンセプトや考え方がわかります。

■住まいと暮らしの情報発信地

「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」はモデルハウスとしての機能はもちろんのこと、住まいや暮らしに関するさまざまなテーマのイベントを定期的に開催していきます。「住まいと暮らしの情報発信地」として常に新しい切り口でお客様の「知りたい、聞きたい」にお応えしていきます。

■「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」の独自サービスなど

(1)家づくりの基礎知識や計画をスムーズに進めるためのポイントなどを解説する「初めての家づくり講座」の開催。
(2)家具売場と一体となっているため、無印良品が提案するインテリアスタイルを常に新鮮な状態でご提案。
(3)iPadを使った電子カタログ閲覧サービス。

■「無印良品の家」について

無印良品のものづくりは「素材の選択」、「工程の点検」そして「包装の簡略化」から始まりました。徹底して無駄を省き合理化することで、むしろモノ本来の魅力を輝かせるという発想は、日本古来の「素」を旨とする美意識、つまり簡素であることは単に質素ではなく、時に豪華を凌駕する魅力を持つと考える思想につながります。個性や嗜好性が求められた時代に、むしろそれらの要素を排除することで、お客様の使い方の余地を残し、個性は委ねるという発想です。
そして現在は、無印良品は生活者の視点に立った衣料品、家庭用品、食品などの日常生活に不可欠な商品を開発し、「感じ良いくらし」をリーズナブルにご提案する「生活美学の専門店」として、人びとの生活空間・生活様式全体に対して提案を行なっております。

現在約7,500アイテムにのぼる、この無印良品の「器」(うつわ)となるのが、「無印良品の家」です。「家」を通して無印良品が考える新しいライフスタイルを提案したい、過剰な装飾・仕様を排除し、耐久性、耐震性、快適性を追及した安全な住まいを提供したい、無印良品の住空間事業はこのような思いから2002年3月にスタート致しました。
「無印良品の家」は「永く使える、変えられる」がコンセプトです。耐震・耐久性の高いSE構法を採用することによって「永く使える」ことを可能にし、将来の家族構成やライフスタイルの変化に合わせて間取りを柔軟に変更できる、「変えられる」家づくりを実現しています。

「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」4/26オープン!

また、この「永く使える、変えられる」を実現するために、「スケルトン」+「インフィル」からさらに進化した、全棟温熱シミュレーションのしくみ「+AIR」を2011年11月より開始しました。なるべく機械や設備に頼らずに、太陽の熱と光と風とを上手に利用した設計と、室温のエネルギー量の数値化、さらに家族構成、エアコンをつける時間帯や設定温度、窓を開けるタイミングや庭の木の提案など、無印良品の家の一つひとつの家ごとに、最適なパッシブデザインを提案するサービスを導入しています。
無印良品は、これからも全ての人々に「暮らし」をプレゼンテーションしていきます。

【永く使える、変えられる】
「無印良品の家」は「永く使える、変えられる」が共通のコンセプトです。耐震・耐久性の高いSE構法を採用することによって「永く使える」ことを可能にし、将来の家族構成やライフスタイルの変化に合わせて間取りを柔軟に変更できる、「変えられる」家づくりを実現しています。

【人とひとつながりの家】
1階は、木の家の特徴でもある大きな吹抜けと南側に開放した大きな窓により、明るく気持ちの良い空間となっています。大きな吹抜けは開放感を演出するだけでなく、1~2階を緩やかにつなぐ役目を持っています。家族がどこにいてもお互いの気配を感じる事ができ、ひとつの空間でつながることで一体感を生んでいます。また、1階には大きな土間を設けており、自転車や三輪車、アウトドア用品などを置くことができます。
2階は主寝室と子供部屋、フリースペースを設けています。フリースペースと子供部屋は建具で仕切られており、ライフスタイルの変化に合わせて一体の空間にすることもできます。
屋外には大きな庇のあるウッドデッキテラスがあり、庭とつなげた空間としても使えますし、リビングとつなげた空間としても使える気持ちの良い空間です。

「無印良品の家 グランフロント大阪 家センター」4/26オープン!

【無印良品の家の構造】
「無印良品の家」は、「SE構法」という頑丈な構造でつくられています。
SE構法とは、組成、乾燥状態など、構造強度上理想的な状態で製造された「構造用集成材」の柱と梁を、丈夫で錆びにくい「SE金物」で接合することによって、高い耐震性と、設計の柔軟性を併せ持つ、木造軸組工法です。
このSE構法は、構造壁や筋交いの量によって構造強度を規定する通常の木造工法とは異なり、国土交通省認定の構造計算プログラムにより、物件ごとに構造計算が行われ、耐震性を数値で示すことができます。性能の客観的な評価は、住宅の資産としての価値を永く担保することにもつながります。
同時に、壁を建物の支えとしないため、大きな吹き抜けを設ける事や自由度の高い間取りとその変更を可能にしています。
長寿命で堅牢な構造で、将来の暮らし方の変化にも対応しやすく、資産価値も持続するSE構法は、「無印良品の家」が大切にしてきた「永く使える、変えられる」という基本コンセプトを支えています。
また、断熱方法には外断熱を採用。建物の構造躯体全体を高性能な断熱ボードですっぽりと覆うことで高い断熱性能を実現しています。部屋間の温度差を少なくできることで結露を防止し、さらに断熱サッシとの相乗効果で冷暖房効率も高く、健康で快適に暮らすことができます。

【全棟長期優良住宅仕様を標準化】
国土交通省は2009年6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」を施行し、永く暮らすことができる耐久性に優れ、高品質な住まいを「長期優良住宅」と認定し、将来にわたり資産価値を高く維持できるような家づくりを奨励するようになりました。
「無印良品の家」のコンセプトである「永く使える、変えられる」は、正にこの考え方に合致し、標準仕様で長期優良住宅の条件を満たしており、住宅ローン減税をはじめ様ざまな税制優遇が適用されます。

■「無印良品の家」の沿革

2004年10月「無印良品 有楽町」店内に初の販売拠点となるモデルハウスをオープンし、木造戸建住宅「無印良品 木の家」の販売を開始致しました。その後北海道・沖縄を除く全国で、フランチャイズ形式のモデルハウスが続々とオープンしています。また商品に関しても「木の家」に続き、2007年4月には新商品「無印良品 窓の家」(2009年度グッドデザイン金賞受賞)、2009年2月には「無印良品 朝の家」を発売し、現在は3つの商品をラインナップしております。

2000年 5月 ムジ・ネット株式会社設立
2002年 3月 住空間事業部設立
2003年 10月 商品開発スタート
2004年 10月 「無印良品 有楽町」店舗内に「無印良品 木の家」モデルハウスオープン
2006年 10月 「無印良品 木の家」が2006年度グッドデザイン賞受賞
2007年 4月 新商品「窓の家」発売
2008年 10月 「無印良品 窓の家」が2008年度グッドデザイン金賞受賞
2009年 2月 新商品「朝の家」発売
2009年 11月 「無印良品 朝の家」が2009年度グッドデザイン賞受賞
2010年 11月 三菱地所株式会社との共同企画[パークハウス 木々津田沼前原]2010年度グッドデザイン賞受賞
三菱地所株式会社との共同企画[スタイルハウス目黒緑が丘]2010年度グッドデザイン賞受賞
オリックス不動産株式会社との共同企画[白井小町] 2010年度グッドデザイン賞受賞
2011年 11月 全棟温熱シミュレーションサービス「+AIR」開始
2013年 1月 UR都市機構との共同企画「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」発表

■「無印良品の家」 ネットワーク事業

当社では、無印良品のコンセプトにご理解、ご共感頂いた各地域のビルダー・工務店様にパートナーとして「無印良品の家」の販売ネットワークにご加入頂き、商品を販売するシステムとなっております。建築専門店の確かな建築施工技術と地域に密着したサポート体制で、お客様に安心して永くお住まいいただける商品を提供させていただいております。

■「無印良品の家」受注状況について

住宅産業は年間住宅着工数80万戸時代を迎え、取り巻く環境は厳しい状況が続いていますが、このような中で2012年度の「無印良品の家」の受注状況は、昨年同様堅調に推移しています。2013年度は八王子店を筆頭に出展を加速させ、2015年には年間500棟の供給を目指しています。

■「無印良品の家」 営業拠点

「木の家」モデルハウス 全16店舗
「八王子店(東京都八王子市)」「熊谷店(埼玉県熊谷市)」「松戸店(千葉県松戸市)」
「浦和店(埼玉県さいたま市)」「港北ニュータウン店(神奈川県横浜市)」
「浜松店(静岡県浜松市)」「浜松北店(静岡県浜松市)」「岡崎店(愛知県岡崎市)」
「岐阜店(岐阜県岐阜市)」「日進店(愛知県日進市)」「京都南店(京都府久世郡)」
「甲賀店(滋賀県甲賀市)」「豊中店(大阪府豊中市)」「宝塚店(兵庫県宝塚市)」
「岡山店(岡山県岡山市)」「香川店(香川県高松市)」
「窓の家」モデルハウス 全9店舗
「松本店(長野県松本市)」「秦野店(神奈川県秦野市)」「千葉南店(千葉県木更津市)」
「名古屋東店(愛知県愛知郡)」「岡崎店(愛知県岡崎市)」「鈴鹿店(三重県鈴鹿市)」
「彦根店(滋賀県彦根市)」「宝塚店(兵庫県宝塚市)」「奈良店(奈良県橿原市)」

「無印良品の家」家センター 全3店舗
「有楽町 家センター(東京都千代田区)」「MUJI新宿 家センター(東京都新宿区)」
「MUJIキャナルシティ博多 家センター(福岡県福岡市)」
「無印良品の家」スタジオ 全1店舗
「国分寺スタジオ(東京都国分寺市)」

■ムジ・ネット株式会社 会社概要

社名:ムジ・ネット株式会社 MUJI.net co.,LTD 代表取締役社長 松井 忠三(まついただみつ)
所在地:〒170-8424 東京都豊島区東池袋4-26-3
電 話:03-3989-7731
設 立:2000年5月31日
資本金: 1億4,900万円(2012年2月末現在)
年 商:22億3,270万円(2012年2月期)
従業員数:35名(パートタイム社員含む、2012年2月末現在)
事業内容:「無印良品の家」の商品企画、販売、供給およびネットワーク事業の運営

◇無印良品の家 公式ホームページ  http://www.muji.net/ie/
◇無印良品の家 公式Facebookページ  http://www.facebook.com/mujiie.jp

 

情報提供:株式会社PR TIMES