NTTドコモが一般社団法人仙台グリーン・コミュニティ推進協議会からの委託により、太陽光発電や電気自動車の蓄電池など5種類の電源に対応し、停電時にも電力供給をすることができるHEMSを開発しました。

 

NTTドコモが5種類の電源に対応したHEMSを開発

このたび開発したHEMSは、電力会社から購入する電力のほか、太陽光発電や定置型リチウムイオン蓄電池、家庭用燃料電池(エネファーム)の電力だけではなく、電気自動車の蓄電池の電力を家庭電力として利用できる、5種類の電源に対応したHEMSです。2013年内には、日産自動車株式会社のグローバルデータセンターとドコモのHEMSクラウドとを連携し、電気自動車の使われ方や蓄電池の充電状態などの情報を取得し活用することで、電気自動車の効率的な充放電制御を自動で行うV2H※2を実現するシステムの構築を目指します。これにより自動車として利用するだけでなく、蓄電池として効率的利用も両立できるようになり、家とクルマのエネルギーマネジメントの最適化が可能になります。

家庭内の電気だけでなく、今後大きな需要が見込まれるEVにも対応可能なNTTドコモのHEMSは、普及が進んでいるスマートフォンの活用も含めて様々な活用方法が期待されます。

手元のスマートフォンから家庭の電気を自由にコントロール出来る、そんな未来の実現のためにも是非とも一般家庭にも普及させて頂きたいものです。

詳しい内容は以下のリンクからどうぞ。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2013/04/23_00.html

報道発表資料 : 5種類の電源に対応したHEMSを開発 | お知らせ | NTTドコモ