日本の窓、と言いますかサッシ。国内の名だたるメーカーが競いあって世界でもトップレベルの品質の窓を提供している。・・・と思っていましたがこれが実は「違う」という衝撃のレポートがあったのでご紹介します。

一部を引用致しますと、

他国の窓の断熱性能は義務基準ですが、中国も含め各国の義務基準に対して大きく下回っていることが分かると思います。しかも、日本の場合は義務基準がありません。この事実を知って驚く人もいるでしょう。

これには正直驚きました!世界基準から見て日本の窓の「断熱性能」及び「気密性能」は世界基準を下回っていたのです!

確かに日本の住宅作りが伝統的に外気をうまく取り込んで湿気を逃がすという考え方がありましたが、昨今の日本の住宅作り、住宅事情はより断熱性能、気密性能を求める作りになっています。

 

13-0326-01

 

にも関わらず基準作りもないまま世界基準を下回っているのです。最近では東京の商社が外国メーカーのサッシを輸入しているなどの動きも始まっています。

サッシや窓にこだわりたい方は是非一度施工会社さんに相談されてみて下さい。

http://profile.ne.jp/w/c-105488/

世界基準からみた「窓の知られていない真実」 [エコ・省エネ住宅 All About プロファイル]