ミサワホームが新潟市に寒冷地におけるスマートハウスの実証を行うための実証住宅を10棟完成させました。

ミサワホームがスマートハウスの実証住宅10 棟を新潟市に完成させました。

実証住宅を運営する目的は以下の通りです、

  •  寒冷多雪地域に適したスマートハウスのあり方を検証
  • 順次入居開始、エネルギー利用などの実証データを取得
  • 蓄電池を備えた事業地内コミュニティハウスを施工
  • 実証住宅全10 棟が「環境共生住宅」の認定を取得

スマートハウスではリチウムイオン蓄電池システムが効率よくしっかり作動するかが課題になるでしょうから、そのあたりの検証も大事なテスト項目になっているのでしょうね。

ミサワホームグループの販売会社であるミサワホーム新潟株式会社(本社 新潟県新潟市/代表取締役社長執行役員 杉田辰雄)は、昨年10 月より、同組合から受注した寒冷多雪地域向けの量産型スマートハウスの実証住宅の建築を進めてきました。
このほど完成した実証住宅では、太陽光発電システムや燃料電池、HEMS などの最新の環境設備を搭載したほか、建物の外部の表面積を小さくすることで熱損失を抑える「エコフォルム」と、各戸のプランニングや外構計画において自然環境並びに気候風土を生かした設計手法「微気候デザイン」を採用、環境共生住宅の認定も取得するなど、様々な工夫によって、エネルギー利用の効率化と省エネ化を図りました。また、洗面室にパネルヒーターを設置するなど、住宅内でヒートショックが起こりにくい工夫も盛り込んでいます。
実証住宅の建築にあたっては、事前にエネルギー消費量の試算や24 時間室温推移・通風のシミュレーションを実施し仕様・設備やプランニングに反映させており、今後は、太陽光発電システムによる発電量や売電量、電気・ガス・水道などのエネルギー消費量、室内の温熱環境の推移、外部の気温や湿度など、実生活における具体的なデータを約1 年にわたって取得し、その有効性を解析することで、寒冷多雪地域向けの量産型スマートハウスのあり方を検証していく予定です。
なお、ミサワホーム新潟が同事業地内に施工したコミュニティハウスには、太陽光発電システムや蓄電池、EV 用急速充電器などが設置されています。将来的には、当スマートタウン内のエネルギーマネジメントセンターとしても機能する予定です。
ミサワホームは、今回の検証で得られたデータやノウハウを、当スマートタウンでこれから建築するミサワホームの分譲住宅の設計に反映させるとともに、今後は、地域特性に対応した量産型スマートハウスのあり方の検証を通して、他のエリアにおいても、地域全体のエネルギー利用の最適化を目指すスマートタウンの開発にも取り組んでいく考えです。

今後も各住宅メーカーによって、スマートハウスのための様々な取り組みが見られそうですね。

ミサワホーム、新潟市に量産型スマートハウスの実証住宅10棟が完成 [日経プレスリリース]