マンションなどの集合住宅では以前から問題となっていた”生活音”。しかし戸建住宅でも意外と気になりますよね、特に夜の遅い時間など家族の音でも気になる人には気になってしまうものです。

そんな生活音を低減する「簡易防音ドア・引戸」が三協立山から発売されることになりました。

生活音を低減する「簡易防音ドア・引戸」-三協立山

三協立山株式会社(本社:富山県高岡市早川70、社長:藤木正和)・三協アルミ社(社長:蒲原彰三)は、インテリア建材「ウッデリアVS」シリーズに、家の中の気になる生活音を低減する「簡易防音ドア・引戸」をラインアップし、商品バリエーションを拡充します。

近年、住宅の高気密化により屋外の音が入りにくくなった反面、家の中の生活音が気になるというお客様の声が多いことから、防音タイプのドア・引戸をラインアップ。これにより、寝室等のプライベート空間を心安らぐくつろぎの空間としてご提案することが可能となりました。

※1. ピアノ室やカラオケルーム向け等でなく、家の中での生活音の低減を目的としているため「簡易防音ドア」とネーミングしています。ドアはT-2等級相当、引戸はT-1等級相当の遮音効果があります。

<簡易防音ドア type01>
・片開きドア(錠無し)
・サイズ・・・高さ2027mm×幅750mm
・価格 ・・・85,000円

※価格には消費税、搬入・組立て・工事費等は含みません。

 

三協立山、家の中の気になる生活音を低減する「簡易防音ドア・引戸」を発売 [日経プレスリリース]