今年からいよいよ本格的な普及が見込まれるスマートハウス。特に太陽光発電とリチウムイオン蓄電池と使用エネルギーが視覚的に確認出来るHEMSなどは必須の機能となっていますね。

ただ太陽光発電パネルを設置する場合、メーカーによっては屋根に穴を開けないといけないのが難点でした。しかし、その問題をクリアした新しい太陽光パネルがパナソニックから発売されました。

穴を開けない太陽光パネル(パナソニック)

特長

1.屋根に「穴を開けない」工法で、欲しいときに太陽光パネルの取り付けが可能
2.屋根に風の通路を確保し、自然の力を生かした排熱を実現
3.街並みに美しく調和する表情豊かな屋根

【品名】機能屋根システム
【発売日】2013年6月1日
【販売地域】北海道・沖縄・離島を除く全国のうち積雪100cm未満の地域
【販売目標】500棟/年(2013年度)

■お問い合わせ先
お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時~20時)

▼太陽光発電システム
http://sumai.panasonic.jp/solar/
▼テクノストラクチャーってなあに?
http://panasonic.co.jp/es/pestst/understanding/

 

穴を開けないので屋根の耐久性を下げることもありませんから、建物としての資産価値も下がりませんからいいことばかりですね。

これから太陽光発電を設置したいとお考えの方は是非ご検討下さい。

 

情報提供:PR TIMES | パナソニック株式会社