積水ハウスが全40区画の住宅全てがゼロエネルギー住宅「グリーンファーストゼロ」の「スマートコモンステージ美田園」発売を宮城県名取市で開始します!

グリーンファーストゼロは、高断熱や省エネ設備、パッシブ技術の採用でエネルギー消費量を大幅に削減したほか、太陽電池や燃料電池の「創エネ」も取り入れることで「エネルギー収支ゼロ」を目指した住宅。家庭内エネルギーの「見える化」に加え、太陽・燃料電池の発電量や蓄電池運転状況などの見守り機能を備えたHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)も標準搭載する。

自治体や公共機関が主導するのと、こうした1民間企業である積水ハウスのような企業が一気呵成にプロジェクトを進めるのではどちらがより実があって、かつ効果的なのでしょうか?

全区画を「ゼロエネルギー住宅」に 積水ハウスが宮城・美田園で供給 [住宅新報web]