三井住友銀行が日本銀行が設けた貸出増加支援制度を利用して、住宅ローンの3年固定型金利を現在の1.5%(最優遇金利)から、同行として過去最低の0.6%に引き下げることが決定しました。

三井住友銀行「住宅ローン金利引き下げ」決定

同行は3日から申し込みを受け付け、上限が1000億円に達した時点で打ち切る。貸出増加支援制度は、4半期ごとに国内貸出を増やした銀行に対して、日銀が低利で一定金額を融資する。2013年1―3月が初めての適用となる。三井住友銀は同4半期の貸出が、前四半期の2012年10―12月を上回ったため、日銀から0.1%で調達できるようになった。日銀からの調達総額は明らかにしていないが、一部の資金を住宅ローンの原資に充てることにした。

先日6月の固定金利型住宅ローン金利がさらに「0.2%」引き上げるニュースをお伝えしたばかりですが、この三井住友銀行の対応には驚きです。

上限が1,000億円に達した時点で申し込みを終了するとのことですので是非お近くの三井住友銀行まで!

三井住友銀、日銀の貸出支援制度利用し住宅ローン金利引き下げ [Reuters]