先日、三井住友銀行が日本銀行が設けた貸出増加支援制度を利用して住宅ローンの3年固定型金利を0.6%に引き下げるニュースをお届けしましたが、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行も本日住宅ローンの3年固定型金利を0.6%に引き下げ、三井住友銀行の動きに追随することになりました。

 

三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は6日、一部の固定金利型の住宅ローン金利を引き下げる方針を固めた。

3年固定型の金利(最優遇)を年0.6%とする。変動型の金利を下回る異例の水準にして、貸し出し需要を掘り起こす。三井住友銀行は3日から3年固定を0.6%に引き下げていた。3メガ銀の足並みがそろい、各行の競争が激しくなりそうだ。

大手3行の動きが全国の金融機関にどう影響を与えるのか注目したいですね。

 

追記:6/26固定型三年の金利は、0・15%引き下げ0・55%