イケア(IKEA)がプランニングしたモデルルームが、新三郷ららシティに登場しました。イケアで購入出来る家具を使った、イケアが提案する新しいスタイルのモデルルームです。

イケアが提案するモデルルームが完成(但し分譲マンション)

家族のライフスタイルが変わる10年後、20年後も想定してインテリアをコーディネートする「イケアモデルルーム」は、3人家族を想定した3LDKで、専有面積は70.15平方メートル、バルコニー面積は12平方メートル。リビングやワーキング&スタディルーム、キッズルームの他、2LDKに変化させることができるウォールドアを設け、暮らしのシーンに応じた多彩な使い分けを提案する。

無印良品がグランフロント大阪に実寸の1/2サイズのモデルルームを展示するなど、家具インテリアメーカーも、消費者の実際のライフスタイルを総合的に提案する時代になってきましたね。

但し、このモデルルームは分譲マンション用。戸建住宅のモデルルームをどこかの住宅メーカーとコラボして展示してくれないでしょうか・・?

 

イケアのモデルルームが新三郷に ファミリー向け住宅を提案 [Fashionsnap.com]