トヨタホームはトヨタホームとうほく株式会社と6/29日から、仙台市若林区荒井東地区でスマートハウスの分譲を始めます。これまで培った省エネルギーのノウハウとオールトヨタの先進技術を取り入れたスマートハウスを提供し、東日本大震災からの復興を目指す荒井東地区の街づくりを後押しします。

トヨタホーム、仙台市荒井東地区でスマートハウスの分譲を開始

分譲地の名称は「えきまち スマートグリーンタウン荒井東」。2015年開業予定の仙台市営地下鉄東西線「荒井駅」(仮称)から徒歩10分と交通アクセスに恵まれています。総区画数は73区画で、トヨタホームはこのうち36区画を販売します。第1期販売は建築条件付き分譲地とし、提供する住宅は36区画ともホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)、EV・PHV用充電器、「エコキュート」等の高効率給湯機、太陽光発電システムなどを標準装備したスマートハウスです。

街区は各戸に「まちなみガイドライン」に従った統一外構を採用し、幹線道路沿いの街路樹とともに豊富な植栽で街を彩ります。第2期は2014年春までに、最終の第3期は2014年秋までに発売する予定です。

荒井東地区は現在、長期的な価値向上につながる街づくりを目指す「荒井東まちづくり協議会」が発足しています。トヨタホームも協議会に参画し、地域の皆様方とともに将来の街づくりに向け様々な検討を重ねています。
協議会では「荒井東まちづくり構想」として商業施設が揃う「駅前にぎわいゾーン」、医療・公共施設が集積する「防災拠点ゾーン」、「住居ゾーン」に分けて街づくりが検討されています。「住居ゾーン」である「えきまち スマートグリーンタウン荒井東」は都市の利便性、自然の潤いと、先進の仕様を備えたスマートハウスが調和します。

 

「えきまち スマートグリーンタウン荒井東」の特徴

1.トヨタグループの先進技術を集めたスマートハウスのご提供
・ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)、EV・PHV用充電器、非常用給電システム、「エコキュート」等の高効率給湯器、太陽光発電システムを標準装備
・全館空調「スマート・エアーズ」で快適な住環境を実現
・長期優良住宅認定取得

2.花と緑が彩り、統一感のある街並み
・幹線道路沿いに大きな街路樹、街区には植栽で花と緑が豊かな街
・「まちなみガイドライン」に従い統一した外構プランで美しい街並みを形成

3.恵まれた交通アクセス
・2015年開業予定の仙台市営地下鉄東西線で仙台中心部まで約15分
・仙台東部道路で仙台空港にも便利なアクセス

4.地域一体となった街づくり
・荒井東土地区画整理事業がすすめる街づくり構想の一部として開発
・荒井東土地区画整理組合、仙台市、東北大学、民間企業が参加する「荒井東まちづくり協議会」と連携した街づくり

えきまち スマートグリーンタウン荒井東のWebサイトはこちらから

 

日経プレスリリース