ミサワホームの”耐震木造住宅”MJ Wood(エムジェイウッド)から子育ての家「Season n」がデビューしました。7/12から全国のミサワホームから発売されます。

子育ての家「Season n」がミサワホームからデビュー

「Season n(シーズンエヌ)」の特徴は以下の通りです。

  • 市場のボリュームゾーンに投入する子育て世代向けの新商品
  • 住まいの基本性能を確保し、永く快適に住み続けられる良質な住まい
  • ライフスタイルや好みに合わせてアレンジできる「余白」のある設計
  • 「ひのき仕様」を選択し地域材を使用すれば、木材利用ポイントの利用が可能

推奨プランでは、リビングやダイニング・キッチン、和室などを自由に配置できるスケルトンインフィル設計としており、加えて、季節やライフスタイルに合わせて自由に使える余白の空間”マルチスペース”や自分で手を加えて楽しめる”DIY壁”などを提案することで、各部屋の用途変更にも対応しやすい住まいとしています。

また、”マルチスペース”を活用した、夏と冬とで生活の中心となる場を使い分ける「夏の座」「冬の座」設計の提案と、光や風といった自然エネルギーを有効活用するミサワホーム独自の設計手法「微気候デザイン」を盛り込むことで、空調機器に頼り過ぎないエコで人にやさしい暮らしを実現します。

内装については木の素材感を活かしたフローリングを採用し、ナチュラルな雰囲気のインテリアに仕上げました。外装についてもシンプルなデザインの鋼製破風やスタイリッシュなサッシなどを採用し、デザイン力に定評のあるミサワホームならではの統一感のあるシンプルでナチュラルなコーディネイトを実現しています。

なお、MJ Woodの全商品を対象として、柱や土台に耐久性や強度に優れた檜集成材を用いた「ひのき仕様」もオプションで用意しており、この仕様を選択し、更に合板や間柱などに地域材を使用することで、木材利用ポイントの利用が可能となります。

地域の経済やエコにも対応した商品を住宅メーカーであるミサワホームがリリースしたのは新しい動きとして興味がありますね~。

日経プレスリリース