デンソーからからミサワホームを対象にした新しいHEMSの新モデルを7/1から発売を開始しました。8月以降、ミサワホーム株式会社を対象に供給を開始し、今後他のハウスメーカーへも採用を働きかけていく予定とのことです。

デンソーからミサワホームを対象にHEMSの新モデルデビュー

デンソーの新しいHEMSモデルは、

  • ユーザーが保有しているスマートフォンやタブレット端末、PCを通じて、各エリアの電気使用量をリアルタイムで把握することが可能
  • スマートフォンやタブレット端末から家電機器(*1)のオン・オフ操作を行うことが可能
  • 過去を含む電気使用量を電気料金やCO2排出量に換算可能
  • オプションで水道・ガスセンサーを設置することにより、水道・ガスの使用量も把握することが可能

という特徴があります。さらに、今後、温湿度を計測できるセンサーを各エリアに設置し、各エリアの温湿度も表示できるオプション機能を追加する予定です。また、このHEMSはミサワホーム株式会社が導入している「涼風制御システム」の制御機能も担っていく予定だそうです。

導入予算ですが、今回のこのモデルは「平成23年度エネルギー管理システム導入促進事業(HEMS導入事業)」の補助金対象機器に採択されていますので補助金を活用することが可能です!

是非ミサワホームでの新築を計画している方は導入を検討されてみて下さい。

 

日経プレスリリース