8月の住宅ローンの金利は大手8行共、据え置きもしくは引き下げの動きとなるようです。

10年固定型最優遇金利の動き
三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行・・・10年固定型最優遇金利、年1.7%に据え置き
三井住友銀行、三井住友信託銀行・・・10年固定型最優遇金利、引き下げの方針
(どっちやねん)

その他の動き
三菱東京UFJ銀行・・・変動型及び1年から20年の金利についても据え置き
みずほ銀行・・・10年を超、及び20年に関しては引き下げる見通し(これもどっちやねん)
三井住友銀行・・・10年を年1.7%から引き下げるが正式な下げ幅は週明けに発表の見通し。

 

大手銀行はこうした動きですが、必ずしも国内の金融機関が右にならえ!となるわけではないようです。例えばJAバンクなど普段馴染みのない金融機関でも住宅ローンを組んでくれる顧客を獲得出来るのは非常に大きなメリットですから一度相談してみるのもいいかもしれませんよ。

時事ドットコム:住宅ローン金利、据え置き相次ぐ=引き下げも-大手行8月適用分