夏休みですね~。最近はどこに行っても親子連れの姿をよく見かけるようになりました。イベントも沢山ありますので普段相手をしてあげられないお子さんとの時間を作るにはぴったりの時間ですね。

お子さんと過ごす時間をどう使うか、イケア・ジャパンが「子どもとの生活に関する意識調査」を発表しました。

お子さんとの時間、ちゃんと取ってますか?「子どもとの生活に関する意識調査」発表

やはりお父さんは仕事が忙しくて、あまりお子さんとの時間がとれてないようですね(笑)

お子さんとの時間、ちゃんと取ってますか?「子どもとの生活に関する意識調査」発表子供と過ごす満足度が高い親・家庭ほど、

  • 子供から親に話しかける機会が多い。
  • 「食べる」「寝る」「お風呂」 といった、ささいな日常でのコミュニケーションを多くとっている傾向。
  • 子供への理解度が高く、子供も「明るい」「外交的」「活動的」と、のびのびと育つ環境作りができている。

という調査結果が出ています。確かに親とのコミュニケーションが出来ているということは「親子の信頼関係」が出来ているということですからこれは大切なことですね。

 

 

子供と過ごす満足度が高い親・家庭ほど、  ・子供から親に話しかける機会が多い。  ・「食べる」「寝る」「お風呂」 といった、ささいな日常でのコミュニケーションを多くとっている傾向。  ・子供への理解度が高く、子供も「明るい」「外交的」「活動的」と、のびのびと育つ環境作りができている。

そしてどうしてもこれは仕方がないのですが、お父さんはお子さんとすれ違いがち。これはまぁ昔からのことですが、最近はお子さんも塾や習い事で忙しくて親子の間でもうまくコミュニケーションがとれないケースが多いようです。

 

今はお子さんもやることが沢山あって大変ですからね。でもせっかくの夏休み、もうすぐお盆休みもやってきます。今度のお休みはイケアのお店にお子さんのお部屋のインテリア探しに家族みんなで出かけられてはいかがですか?お互いの意外な一面を発見出来るいい機会かもしれませんよ!

 

【調査概要】
【調査対象と回収サンプル数】 3~12歳の子供をもつ既婚男女1030名
【調査地域】 全国
【調査方法】 インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
【調査期間】  2013年7月16日(火)~17日(水)

株式会社PR TIMES