~家族のくらしの変化を踏まえた「二世帯住宅研究所」からの提案~
“イマドキ親子の二世帯住宅”
へーベルハウス「都市の実家」を発売

旭化成ホームズ二世帯住宅「都市の実家」を発表

旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都 新宿区、代表取締役社長:平居 正仁)は、2013年8月10日より、当社の二世帯住宅研究所による研究成果を踏まえて、二世帯住宅に新たな視点を提案する「ヘーベルハウス『都市の実家』」を発売いたします。

二世帯住宅研究所では、親子同居をする世帯を対象として、世代ごとの住生活における家族の関係と意識の変化について調査を実施しました。その結果、高度成長期に東京などの大都市に流入し、1970年代に持家を形成した後に子世帯と同居をしている世代(1940~1949年生まれ)は、他の世代に比較して、別に暮らす子供の一家が宿泊する機会が多く、知人等を招くことが多いなど、家族や知人などとのコミュニケーションが緊密であることが分かりました。当社では都市で世代を重ねつつあるこの世代に見られる傾向を踏まえ、家族や地域・社会との繋がりを深め育む力を「実家力」と呼び、この「実家力」のある二世帯住宅を新たに提案するものです。

商品の特徴は該当世代の敷地を50~60坪程度と想定し、二世帯住宅としてはコンパクトでありながら、同居していない子供家族が気軽に宿泊でき、親世帯が外部の来客を招き入れやすいことや、親世帯の介護が必要になった際にも暮らしやすいなどの融通性の高い二世帯住宅の間取り構成ノウハウを提案していることです。

例えば、親世帯のLDK空間は、コンパクトながら大勢の家族が集える工夫を“イマドキLDK”として提案しています。この“イマドキLDK”に繋げて設置する”タタミリビング”は、別に暮らす子供の一家が宿泊したり、将来的に親の介護が必要となった時にも訪問介護サービスを受けやすい居室となるなど、多様な用途の広がりを持たせています。また、親世帯・子世帯の間に“どっちもルーム”を配することで、同居していない子供が親世帯へちょっとした立ち寄り宿泊をしたり、子世帯側の居住室として利用することにも対応しています。

当社では、都市型二世帯住宅のパイオニアとして、これからも時代の変化を捉えながら、世代を重ね住み継がれる二世帯住宅の在り方を提案して参ります。

日経プレスリリース