グーグルのオフィスは”大学のキャンパス”をテーマにしてオフィスを設計しているのは有名ですね。それにしても・・ここまで自由な作りのオフィスって本当に集中して仕事出来るんでしょうか?やっぱり天才が集まるグーグルは違うなぁ。。

これ本当に働けるのかな??グーグルの新しいオフィス~こんなオフィスで働きたい!

グーグルダブリンオフィスの床面積は47’000平方メートル以上で65以上の国の人が集まり、45以上の言語の会話が行われ、マーケティング、財務、エンジニアリングチームのための職場となっています。すごい!!

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!オッシャレなスペースですね~。それと対照的なカジュアルな服装のギャップがまた(笑)

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!う~ん・・ここは遊ぶためのスペースなのか、働くためのスペースなのか・・・?

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!ああ、ここはいかにもオフィスですね。大きいディスプレイとアーロンチェアがうらやましい~

 

かっこいいスペースです。ここはレストランスペースです。他にもここも合わせて5つのレストランがあります。

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!レストランの他にも42マイクロキッチン、通信ハブ、ゲームルーム、フィットネスセンター、プール、ウェルネスエリア、会議、学習&開発センターが用意されています。

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!グーグルの狙いとしては社員間のコミュニケーションを促進する、ということがあるんですね。確かにこれは経営者にとって永遠の課題ですから、グーグルのこうした取り組みを日本のIT企業がマネするのは納得しちゃいますね。

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!一見自由に作っているように見えて、コミュニケーションを考慮して注意深く設計されているのですね。

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!まさに「これぞグーグル!!」というデザインのオフィスですね(笑)にしてもやっぱり落ち着かなさそう・・。

 

これ本当に働けるのかな??グーグルのダブリンオフィス~こんなオフィスで働きたい!まぁそれにしても一度でいいから「こんなオフィスで働きたい!」と思わせるのはさすがグーグルですね。と言うか、一度グーグルで働いてみたい??ですかね(笑)

 

Google Campus Dublin / Camenzind Evolution + Henry J. Lyons Architects | ArchDaily