“大人の愉しみ”とは何でしょうか?育児も終わり、社会的にも充実した生活を送る大人にとっての愉しみとは?そんな疑問に答える住宅「OakleyII」が三井ホームからデビューしました。

三井ホームの"大人向け"住宅「OakleyII」

「OakleyII(オークリーII)」は、40歳代から50歳代の今と将来を見据えた健康で快適な暮らしの実現を求める住宅取得者を主な対象とした、“「集う」が愉しい大人の家”です。

子供の成長につれて自由になる時間が増えるこの世代は、交流の幅を広げたり、夫婦それぞれのスペースを持ちたい、健康で将来も不安なく暮らしたい、というニーズを持っています。

そうした中で、「大人が楽しむ家」をコンセプトとする既存商品「Oakley(オークリー)」に「集う」「つながる」「将来に備える」という要素を加えた本商品は、家族や親戚、友人たちが愉しく集いやすく、お互いのつながりや絆を深めていけること、また、将来を考慮したプランニングにおいて「安心・安全」に備えていることが特長です。

(サングラスメーカーのことかと思っちゃった・・by編集)

日経プレスリリース