パナソニックは太陽光発電の全量買取に対応する「ワイヤレスエネルギーモニタ(7型)」と「ワイヤレスエネルギーモニタ用電力検出ユニット(全量買取専用)」を2013年9月20日より受注を開始することになりました。

太陽光発電の余剰買取が一目で分かるモニターが登場

2012年7月から始まった、10kW以上の太陽光発電システムの設置を対象とした「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって、

  • 余剰買取方式
  • 全量買取方式

の2つの買取制度が導入されました。

この制度をより有効に活用するために、発電や売電などの状態をグラフなどで分かりやすく表示する「ワイヤレスエネルギーモニタ」に、従来の余剰買取表示機能に加え、新たに「つくる(太陽光発電)」と「売る(売電)」だけを表示する全量買取表示機能を追加して発売されます。

太陽光発電の余剰買取が一目で分かるモニターが登場

【ワイヤレスエネルギーモニタ(7型)】
■品番:VBPM370CK
■希望小売価格(税込・工事費別):91,350円

【ワイヤレスエネルギーモニタ用電力検出ユニット(全量買取専用)】
■品番:VBPW371
■希望小売価格(税込・工事費別):36,750円
■販売目標 上記、2製品で30,000セット/年
<特長>
1.「つくる(太陽光発電)」「売る(売電)」だけを表示する「全量買取モード」を新搭載
2. 10kW~20kWの太陽光発電システムに対応(全量買取モード)

 

太陽光発電の余剰買取が一目で分かるモニターが登場
▼パナソニック 住宅用太陽光発電システム
http://sumai.panasonic.jp/solar/

 

株式会社PR TIMES