パナソニック株式会社は、ヨーロッパ市場向けの家庭用燃料電池コージェネレーションシステムをフィスマングループと共同で開発し、2014年4月よりドイツで販売を開始します。

パナソニックが欧州初となる家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを発売

ドイツ・アレンドルフに本社を置くフィスマンは、ヨーロッパにおける暖房システム分野のリーディングカンパニー。一方、パナソニックは、日本市場における燃料電池のパイオニアとして、2009年から5年以上の販売実績を誇っています。
この度、パナソニックの技術と、長年にわたって蓄積されたフィスマンの蓄熱機器技術を融合し、ドイツ市場に適応した、高効率・高品質で省エネ性と信頼性に優れた新商品を開発しました。

パナソニックは、フィスマンと共同で開発した「燃料電池ユニット」を日本で製造し、フィスマンに供給。フィスマンは、パナソニックと共同開発した「貯湯タンク」および「バックアップボイラー」のユニットを製造し、パナソニックから供給される「燃料電池ユニット」と組み合わせた燃料電池システムを販売する予定です。この製品はPEFC(固体高分子形)の家庭用燃料電池システムとしてヨーロッパで初めての一般販売となります。

【商品の特長】
1)発電時に出る熱を効率的に回収して暖房に利用し、総合効率90%(LHV*)を実現
発電効率37%(LHV*)、熱回収効率53%(同)で、総合効率90%(同)を実現。

2)地下室、ユーティリティールームなどの屋内設置に適したシンプル構成
「燃料電池ユニット」と「貯湯タンク・バックアップボイラーユニット」のシンプルな構成のため、ドイツで一般的な地下室、ユーティリティールームなどの屋内での設置に適応。

3)モバイル端末から、機器の操作や、発電情報・メンテナンス情報などの確認が可能
専用のアプリケーションにより、スマートフォンやタブレット等のモバイル端末で、機器の操作や、発電状況・メンテナンス情報などの確認が可能。

*低位発熱量基準(Lower Heating Value):燃料ガスを完全に燃焼したときの発熱量から水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた値。

2013年9月9日には、燃料電池に対するドイツでの関心を喚起することを目的に、ベルリンの在ドイツ日本国大使公邸で、ドイツの関連業界キーマンを対象としたレセプションを実施。フィスマンのDr.フィスマン会長とパナソニックの津賀社長がホストを務め、ドイツ連邦政府関係者やドイツ州政府、ガスユーティリティー会社などから約50人が参加しました。

<関連リンク>
パナソニックの燃料電池
http://panasonic.co.jp/ap/FC/index.htm

 

株式会社PR TIMES