イデーが、飲料用パッケージの最大手「日本テトラパック株式会社」さん、さらにハウジングコネクトジャーナルの地元愛媛県の企業「三木特種製紙株式会社」さんとコラボした再生材を利用した家具を発表しました。ちなみに管理人は学生時代の就活でこの三木特種製紙株式会社さんに会社訪問したことがあります!(笑)

イデーが再生材を利用した家具の制作で製紙メーカーとコラボ!

この3社のコラボによる「飲料用アルミ付紙パックを利用した再生材でつくった家具」の試作モデルを制作、本年10月25日(金)から東京都内にて展示発表するそうです。

 

今回、家具の素材として使用する回収済み飲料用容器を利用したオリジナル再生材は、三木特種製紙の「エム・アイ・ケイ・ボード」の技術を応用し、日本テトラパックの飲料用の紙容器「テトラ・ブリック・アセプティック容器」をリサイクルしてつくられた板材です。イデーでは、これを「テトミックス(TETmix)ボード」と名付けました。

3社のコラボレーションは、家具材料としてこの再生材に魅力を感じたイデーの呼びかけに応え、日本テトラパックと三木特種製紙が新たなボードを開発・提供することにより、実現したものです。3社ではこの取り組みを通じ、国内における資源の再利用やリサイクルの普及浸透に貢献してまいります。

原料素材となった「テトラ・ブリック・アセプティック容器」は飲料の風味や鮮度保持、輸送性に高いメリットをもちつつも、アルミ箔やポリエチレンなど紙以外の原料を含むことから従来は回収、リサイクルが難しいとされてきました。今回の「テトミックス(TETmix)ボード」の誕生により、新たなリサイクルの可能性が開かれました。

この取り組みを広く知っていただくため、試作モデル第1弾は、秋のインテリア展示会シーズンにあわせた10月25日(金)から11月4日(火)までの11日間、東京・六本木のイデーショップ 東京ミッドタウン店(http://www.idee.co.jp/shop/)にて一般公開します。試作モデルはスツール3種類、カフェテーブル1種類、チェア1種類、オブジェ1種類の計6種類、10点です。
イデーでは、2014年春以降、主に公共施設や民間施設向けとして製品化と建築内装材としての利用提案を計画しています。

 

とのことです。うん、個人的に縁のある企業さんたちがこうしてコラボを実現させてくれたのがすごく嬉しいです!皆さんも応援してくれたら嬉しいな(笑

株式会社PR TIMES