LIXILのシステムとは、「電気・ガス・水道・太陽光発電」の全てを「見える化」する新しいHEMSなのだそうです。今までHEMSと言えばオール電化ばかりでしたから注目すべきシステムですね。

しかし、そもそも・・・”HEMS”とは何でしょうか・・・?
「エコ住宅に関係する何かなんだろうな・・?」という方に簡単な説明です。

HEMS =Home Energy Management System(ホームエネルギー管理システム)

読んで字のごとく家庭で使うエネルギーの管理が出来るシステムのことです。今まで電気を使った量は月末の使用料金でしか知ることが出来ませんでしたが、「HEMS」なら家庭のエネルギー量を把握して、使いすぎがないように家電製品が自動で電気使用量をコントロールしたり、スマートフォンやタブレット端末で自由に家電をコントロール出来ます。
さらに太陽光発電を利用した効率的な電気使用を自動で行ったり、最近はEVや電気自動車を家庭で充電出来るようになるなど、電気を無駄なく効率よく利用出来るシステムとして、住宅メーカーと組んで異業種の企業が参入しとうとするなど注目の技術です。パナホームなどは家電と住宅という2つの得意分野を扱えるわけですから、今後この分野への事業投資を積極的に行うかもしれません。

タマホームがHEMSを新築・分譲住宅に標準仕様、パートナーは日本IBM [ハウジングコネクトジャーナル]

しかし、ここまで読んでお気づきの方もいらっしゃらないと思いますが、これは全部「電気」のことで、ガス、水道は含まれていません。ですのでこのLIXILのシステムは画期的とも言えるのですが、課題はあります。

水道やガスといったエネルギーまで見える化を実現し、容易に導入できるHEMSという点では評価に値する。しかし難点としては、すべてが「見える化」のみの実現であり、適切なエネルギー制御を実行するシステムではないことが挙げられるであろう。震災の記憶が新しい今だからこそ「見える化」のみのシステムであろうと、その高まった意識の延長で省エネ化に繋げられる。時間を経るにつれ、その意識が薄くなっていくことは想像に難くない。
水道やガスも「見える化」するHEMS、その課題は [エコ住宅 – エコノミックニュース]

HEMSって何?」
と考える時、ここが問題であるような気がします。ただ単に「家庭内の使用エネルギーを”見える化”するシステムなのか?」、あるいは「家庭内の使用エネルギーを把握して”各使用機器を積極的にコントロール”して使用量を抑えるシステムなのか?」という点です。

13-0401-01

コントロールしやすい、という点では電気を使用する製品の方がはるかにコントロールしやすいですが、ひとつのエネルギーに依存してしまうのは安定供給という観点に問題があるのはもはや周知の事実ですね。

ようやくコンセプトが固まり、認知が高まってきたHEMSがこのままお題目で終わってしまうのか、あるいは新しい家づくりの指針となるのか。

今年の各メーカーの取り組みに期待が集まります。

http://www.zaikei.co.jp/article/20130329/128093.html

水道やガスも「見える化」するHEMS、その課題は [エコ住宅 – エコノミックニュース]