hems

HEMSについてはLIXILのHEMS対応製品の記事で触れましたが、それでも日本におけるHEMSの定義・規格については国内メーカーもバラバラで足並みが揃っていません。

ここで分かりやすくHEMSについて説明してくれている記事を見つけましたので、皆さんとおさらいしましょう。

HEMSはHome Energy Management Systemの略で、家電機器、特に白物家電や太陽光発電装置などのエネルギー機器、さらにはセンサー類を家庭内通信ネットワーク(Home Area Network)で相互に接続し、エネルギーの見える化や消費の最適制御を行う仕組みを言う。

はい、ここまでは皆さんも理解されていると思います。今までリアルタイムでどのぐらい電気を利用しているのか把握することが出来なかった利用量を把握出来るわけです。

次にここです、「センサー類を家庭内通信ネットワーク(Home Area Network)で相互に接続」つまり、家庭内で家電機器同士のネットワークを構築して、相互にデータをやりとりしてより詳しい電力使用量を把握することが出来るということです。

ではHEMSとは単に電力使用量を「見える化する”だけ”」のシステムなのでしょうか?これでは人間に「節電の意識を喚起するだけ」で終わってしまいます。せっかく家庭内で家電機器同士のネットワークを構築しているのに、もっと有効な利用方法はないのでしょうか?

一方、現在では太陽光発電装置や蓄電池、さらには電気自動車までもがHEMSの接続対象となっており、エネルギーを「創る」「蓄える」「上手に使う」という統合制御を目的としたシステムが増えてきている。このような統合制御はHEMSの得意とする分野であり、今後さらに進化しそうである。

なるほど、HEMSは単にエネルギーの「見える化」から進化して「エネルギーの制御」に進化しているわけですね。また上記の”エネルギーを「創る」「蓄える」「上手に使う」”とは具体的にはどういった事例が考えられるでしょうか?

国内のHEMSに取り組んでいるハウスメーカーのホームページを見たところ、以下のような機能を備えているようです。

  • 創る=太陽光発電による自家発電
  • 蓄える=リチウムイオン蓄電装置による電力の蓄電
  • 上手に使う=家電機器のHEMSによる効率的な自動制御

などといった機能です。

つまりHEMSとは”総合的に家電機器を制御し、効率的な家庭で使用するエネルギーの運用を実現するシステム”と定義付けすべきでしょう。

但しHEMSについても課題はあります。

  • 各メーカー、機器の規格が統一されていない
  • 耐用年数に対するメンテナンスコストに関するデータがない
  • 安全性・将来のシステムとしての拡張性が不明確である
  • 監視、制御するエネルギーは電力が中心である

以上の点です。
まだはじまったばかりのシステムですからどうしてもこのあたりは仕方がないこともあるのですが、一生に一度の買い物である住宅で将来高額のメンテナンスが必要になったり、機器の故障による生活の不便を負担しなくてはならないのでは本末転倒です。

HEMSに関しては業界や国による規格の統一、費用の透明性を高める努力が早急な課題であると言えるかもしれません。

ただ、HEMSを導入すればトヨタ・プリウスのようなEVを夜間電力を使って家庭で充電出来たり、携帯端末で家電機器を制御したり、季節や気候に合わせて最も効率的な運用が実現出来るなど様々なメリットがあることもまた事実です。

これから住宅を建てようとする方は「HEMS」が将来に渡って自分たちのライフスタイルに本当に合ったシステムかどうか、きちんと考えて導入する必要があると思います。

HEMSとは [- エネルギー – Tech-On!]