立つのも座るのも自由自在な北欧からやって来たスタンディング・スタイルのデスクご紹介

私達のような1日中PCに向かって細かい作業をする人たちにとっての敵、それは・・まず個人的には「眼精疲労」(地下鉄の階段を降りる時に手すりを使って降りなきゃいけないほどのめまいを感じた時は危なかった・・)、次に体力の低下・・、そして「腰痛」・・と、まるで自分から体を壊しているようなことばかりしてるんですね。

そうしたオフィスワーカー(こう書くとかっこいいですね、コピーライターさんも罪なことを・・)にとって世界的に注目されているのが「立って作業する」スタイルなんだそうです。

この「立って作業する」ことを前提にデザインされた北欧はスウェーデン生まれの事務用机をご紹介しましょう。

一時期ネットでキ◯ノンさんの工場でこの「立って作業する」オフィスが紹介されてネットで騒然となったことがあったんですが、この机は決して「立ちっぱなし」というわけではなく「座ったり、立ったり」の両方をボタンひとつで選択出来るんですね。

 

スタンディング・スタイルのデスク

 

そもそもなぜ「立って作業する」ことが考えられたかというと、以下の5つのメリットがあるからなんだそうです。

スタンディング・スタイルのデスクを利用する5つのメリット

  • ダイエットや健康維持に
  • 生産性の向上
  • コミュニケーションの活性化
  • 北欧デザインでスタイリッシュ
  • 優秀な人材の確保に

特に「ダイエットや健康維持」は腰痛の軽減や立っていることで脂肪の燃焼によるダイエット効果もあるそうです。

私が個人的に注目したいのは「コミュニケーションの活性化」の部分ですね。立ち話って気軽に話しかけやすいからそこから違う部署の人たちや上司や部下との話が弾みやすいですよね。

個人のデスクでも立って仕事してたら席を通りかかっても「よっ!」って感じで気軽に話しかけやすいですんね。

あとですね、「打ち合わせがしやすい」のも大きなメリットじゃないかなと思います。打ち合わせで会議室に入ったり、打ち合わせ用の大きなテーブルに集まるとかしこまっちゃうし、誰かの席に集まるのも効率が悪い。

このスタンディング・スタイルのデスクならちょっとした確認や相談なんかもやりやすいと思うんです。これはクリエィティブ系の会社にお勤めの人なら心当たりあるんじゃないですかね??

 

「Sit&Stand(R)デスク」の歴史

今回ご紹介しているスタンディング・スタイルのデスクは「株式会社スカンジナビアン モダン」さんが販売している「Sit&Stand(R)デスク」という商品です。

1970年代の終わり頃、スウェーデンにて、電話交換機と工場の管理室にスタンディング・スタイルのデスクが導入されたのが「Sit&Stand(R)デスク」の起源。複数人で共有するデスクなので、使う人に応じてその都度、高さを変えられるように、世界的にも有名なスウェーデンの通信機器大手のエリクソン社などが開発。

その後、1980年代半ばになると、腰痛軽減などの目的で医療器具として医者がスタンディング・スタイルのデスクを処方するようにもなりました。

1980年代終わりになると、コンピューターの普及により、長時間椅子に座りっぱなしになる人が増え、首や肩のこり、頭痛、目のかすみ、腰痛など身体への悪影響に悩む人々が増加。

そんな中、1996年にはエリクソン社が全オフィスに「Sit&Stand(R)デスク」を導入。それに追従するように、ボルボ社などスウェーデンの大企業が続々と導入しました。

社長や管理職だけでなくスタッフ全員が全社的に導入。北欧では一般家庭の書斎机や子供の勉強机などにも取り入れられ、今や世界的にも注目されるワークスタイルとなりました。

「Sit&Stand(R)デスク」は繰り返しになりますが、ボタンひとつで通常のデスクとしても使えるので汎用性の高い製品と言えますね。

Sit&Stand(R)デスクの昇降ボタン

この「Sit&Stand(R)デスク」を販売している「株式会社スカンジナビアン モダン」さんは、オフィスのトータルインテリアデザインや内装工事、設計施工などを手がけていらっしゃる会社さんで、「Sit&Stand(R)デスク」を2002年から国内唯一の販売総代理店として、外資系企業やスウェーデン大使館、国立・私立大学の教授、IT関連企業などに販売してきました、いわば“スタンディング・スタイルのデスク”の国内販売の草分け的存在なのだそうです。

「オフィスのワークスタイルを変えたい」
「もっと社内のコミュニケーションを活発にしたい」
「きれいでかっこいいオフィスで働きたい」

とお思いの事業主さん、総務の担当者さん、是非一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?

 

株式会社スカンジナビアン モダン
所在地:〒106-0041 東京都港区麻布台1-9-5 Tokuiビル1F
広報担当:滝口さん
Tel   : 080-8422-5844
E-mail : info@greencreate.jp

 

@Press