住宅購入資金の資金援助の割合に関するアンケートが発表されました。
東新住建株式会社が運営する調査機関「住宅市場研究室」から住まいを購入する際の資金援助に関するウェブアンケートの結果が発表されました。
(エリア=愛知県在住、サンプル数=215 件、実施時期=2013年6月)

アンケートの内訳

「資金援助をしてもらっている割合」

  • 資金援助してもらっている・・・40%
  • 資金援助してもらっていない・・・60%

 

「資金援助をしてもらっている人の金額」

  • 1位:100~300万円未満・・・7.91%
  • 2位:900~1,100万円未満」・・・7.44%
  • 3位:500~700万円未満・・・6.05%

 

「1,000万円以上資金援助をしてもらっている人たちの援助額」

  • 100~1,100万円・・・29.77%
  • 1,100~3,100万円以上・・・10.23%

 

「資金援助の実態」

  • 資金援助をしてもらっている40%の中で、約7割の方が1,100万円未満
  • 3,100万円以上資金援助してもらっている割合は全体の全体の1.86%とごく少数であることが判明
  • 資金援助の多くは住まい購入資金の「諸経費+α(アルファ)」を援助してもらっているというスタイルが主流

 

親御さん達も老後の資金に余裕がないために、自己資金で頑張っている人達が多いんですね。そうなると消費税増税前の駆け込み需要が高まったのも納得です。

ただ親や親族の方がお持ちの土地に建てるとまた資金のパターンも変わってきますし、このアンケートだけを鵜呑みにせず、自分たちに合った住宅購入の資金計画を立てることが大切ですね。

今回実施したアンケートレポートの詳細はこちらからどうぞ。
尚、今回のレポートに関して、アンケートを実施した「住宅市場研究室」から以下のような注意も合わせて発表されていますのでご了承下さい。

※当資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されていますが、当室はその正確性を保証するものではありません。また見通しは予告なく変更されることがあります。予めご了承願います。

東新住建株式会社ホームページ:http://www.toshinjyuken.co.jp/
住宅市場研究室ホームページ:http://www.jyuseikatsu.jp/

株式会社PR TIMES