意外?今どきの新成人たちの持ち家志向についての調査結果最近の若い人は「若者の~離れ」とメディアで揶揄されるほど「堅実」で「節約志向」な人が多いと言われていますが、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社さんが今年新成人になる新成人となる200人と、20歳の子どもを持つ45~59歳の親世代300人を対象に生活・住宅に関するアンケート調査を2013年12月に実施したところ、意外な結果が出ました。

なんと新成人の約8割が「将来持ち家が欲しい」と回答し、その中でも76.2%の人が「一戸建てが欲しい」と考えており、車の所有(67.5%)よりも持ち家志向の方が高い結果となったのです。

アンケートの調査結果詳細
■新成人の住居観や人生観などについてのアンケート調査結果
○新成人(当てはまる・やや当てはまるの合計)

  • 将来は自分の家が欲しい 79.6%
  • 将来持つなら一戸建てが欲しい 76.2%
  • 車を所有したい 67.5%
  • 将来結婚したい 74.8%
  • 将来子どもが欲しい 72.8%

■将来の同居・介護についての新成人と親世代のアンケート調査結果
○新成人(当てはまる・やや当てはまるの合計)

  • 将来は、親と同居したい 11.7%
  • 両親の近くに住みたい 41.7%
  • 親の介護を自分でみたい 31.1%
  • 高齢者施設に入ってほしい 33.5%

○親世代

  • 子どもと同居したい 11.5%
  • 子どもに近くに住んでもらいたい 45.8%
  • 子どもに介護の面倒を見てもらいたい 9.3%
  • 高齢者施設に入りたい 34.9%

ということなんですけど、車よりも家なんですね。。車にお金をかけるよりも自分の暮らし、生活を大事に出来る家を大事にしたいというのは新しい消費の価値観ですね。
調査結果の元のデータは下記からご覧下さい。

新成人と親世代の意識・実態調査
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/enq/003/
アンケート調査結果の詳細データはこちら (PDF/1.1MB)
http://iweb.mei.co.jp/PRMS/preview/preview3427173437512517058/jn140108-4.pdf

株式会社PR TIMES