家を建てるなら木造住宅ですね!とCMのような書き出しになってしまいましたが、本当にこれは嬉しいニュースです。

13-0403-01

林野庁が地域の木材利用の促進を目的に、木造新築住宅に対して”木材利用ポイント事業”を始めることが決定しました!1ポイント=1円相当でポイントを付与し、ポイントに応じて地域の農林水産品と交換出来るのです、以下引用による詳細です。

ポイント取得の対象となるのは、(1)木造住宅の新築、増築または購入、(2)住宅の床と内壁および外壁の木質化工事(床と内壁は1棟当たりの面積が9平方メートル(m2)以上、外壁は1棟当たりの面積が10m2以上の工事)、(3)木材製品、木質ペレットストーブなどの購入――の3つ。(1)と(2)は地域材を基準以上利用するなどの条件を満たすことが必要になる。

ハウジングコネクトジャーナルの地元愛媛県の施工会社さん達も積極的に地元の木材を利用して独自のノウハウで生産から住まいまでエコな住宅作りに取り組んでいます。

施工会社さんだけでなく、施主さんにとっても健康で暖かみのある木造住宅を選ぶメリットが増えますし、引いては地域の資源を利用促進、地域経済促進にも貢献出来ますね。

但し、利用には細かい条件があるようです。

  • 木造住宅の新築、増築または購入
  • 住宅の床と内壁および外壁の木質化工事(床と内壁は1棟当たりの面積が9平方メートル(m2)以上、外壁は1棟当たりの面積が10m2以上の工事)

こちらは”2013年4月1日から14年3月31日までに工事に着手するもの”が条件となります、また

  • 木材製品、木質ペレットストーブなどの購入

こちらは”13年7月1日から14年3月31日までに購入するもの”が条件となりますので、是非施工会社さんにご相談下さい。

地域資源である木材の活用は森林の整備促進や林業の活性化など、地域にとってとてもメリットが大きいことばかりですし、地元の施工会社さん達には”木を活かす”技術を持った会社さんが沢山あります。

是非この機会に地元の施工会社さんに足を運んで、木造住宅の良さについて相談されてみて下さい。リンク先の記事にポイントで交換出来る詳しい内容も記載されています。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0202F_S3A400C1000000/

木造住宅の新築で30万円相当、木材利用ポイント事業が開始 [日本経済新聞]