地震対策をさらに強化した「xevo Σ(ジーヴォシグマ)」発売

大和ハウスの人気の注文住宅「xevo」から繰り返しの巨大地震でも初期性能を維持できるエネルギー吸収型耐力壁などの新工法を採用した戸建住宅最上位商品「xevo Σ(ジーヴォシグマ)」を発売されます。

xevo Σの特徴

  1. 繰り返し発生する巨大地震でも初期性能を維持するエネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST」を採用
  2. 構造躯体の強度アップによる業界最大クラスの大空間・大開口「グランリビング」の実現
  3. 断熱性・耐久性・遮音性をさらに向上させた「外張り断熱通気外壁」を採用

 

エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST」とは?
揺れにあわせて「Σ形デバイス」が上下にしなやかに動くことにより、地震エネルギーを吸収します。あわせて、独自形状から生まれる粘り強さは、地震エネルギーを繰り返し吸収し、初期の耐震性能を維持します。
さらに、地震エネルギーを「Σ形デバイス」に集中させることで、柱や梁の損傷を防ぎます。また、従来のxevoと比較し、揺れ幅を最大で3分の2に軽減させ、建物全体の損傷も最小限に抑えます。

 

構造躯体の強度アップによる居住空間の拡大
天井高2m72cm、開口幅最大7m10cm(※8)の大空間を実現しました。あわせて、最大5P(4m55cm)スパンの大空間や大きな吹き抜けをとることもできます。このゆとりの大空間によって、開放的で光あふれる「グランリビング」を提案します。
また、柱が少なく自由度の高いプランニングは、将来の家族構成の変化に合わせたリフォームにも柔軟に対応できます。
よりくわしい情報はこちらの「xevo Σ(ジーヴォシグマ)ホームページ」をご覧下さい。

株式会社PR TIMES