自然エネルギーとHEMSを組み合わせた「スマートエコイエゼロ」登場

明日から消費税、上がりますね~。普段の生活ですぐに影響が出るものと言えば「燃料・光熱費」。車のガソリン、お風呂のガス代、そして何より「普段の電気代」、これ結構気になる方が多いのではないでしょうか?

 

国策と消費者のニーズに沿ったエコ住宅の台頭
日本では人口が減少しつつあるにも関わらず、家庭が消費する電力が増加する一方だそうです。現在日本ではゼロエネルギー化を目指す国策が施行され、2020年までに1次消費エネルギーが正味(ネット)ゼロとなる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」を標準的な新築住宅とすることなどの普及促進を図っています。

 

 

HEMSなど機械の力を活かした「パッシブ」と、自然の力を活かした「アクティブ」を組み合わせたパナソニックの「スマートエコイエゼロ」
今回の「スマートエコイエゼロ」では、独自開発した断熱システム「サーモロックシステム」を採用。住宅性能の断熱基準である北海道の省エネルギー基準をクリアする高い断熱性能(熱損失係数Q値1.6W/m2・K相当)により、省エネで快適な室内温度を維持します。

さらにPM2.5に対応する新換気システム「ココチイーシステム」を採用。室温よりも低い外気を取り入れて室内の熱ごもりを解消し、高性能フィルターにより有害物質から室内の空気環境を守ります。

HEMSなど機械の力を活かした「パッシブ」と、自然の力を活かした「アクティブ」を組み合わせたパナソニックの「スマートエコイエゼロ」

「スマートエコイエゼロ」のポイント 1.エネルギー収支がゼロとなる、ゼロエネルギー住宅の実現が可能 2.北海道の次世代省エネルギー基準(Q値=1.6W/m2・K相当)をクリアしたダブル断熱「サーモロックシステム」により高い断熱性を確保 3.PM2.5対応の新換気システム「ココチイーシステム」を採用 4.最新のHEMS関連設備機器がゼロエネルギー住宅の実現をサポート

 

 

「スマートエコイエゼロ」のポイント

  • エネルギー収支がゼロとなる、ゼロエネルギー住宅の実現が可能
  • 北海道の次世代省エネルギー基準(Q値=1.6W/m2・K相当)をクリアしたダブル断熱「サーモロックシステム」により高い断熱性を確保
  • PM2.5対応の新換気システム「ココチイーシステム」を採用
  • 最新のHEMS関連設備機器がゼロエネルギー住宅の実現をサポート

「スマートエコイエゼロ」のポイント

 

株式会社PR TIMES