かっこいい部屋、と言っても人によって定義は様々です。ただ、デザインとして考えた場合いくつかのポイントは押さえておくべきです。

  • 色を統一する
  • 家具の置き場所を揃える
  • 空間を広く使う

以上のポイントです。今日はそんな「かっこいいお部屋」の実際の事例を海外のインテリアを参考に見ていきましょう。

13-0405-01

このお部屋は色は沢山使っていますが、色が右側のラックに集中していたり、お花やソファなどの小物に限定していて、ソファーやカーペット、壁紙など面積を取る目立つモノは全て白で統一しているので小物の色がアクセントになっていて、統一感が出ていますね。
さらに統一感があるのでモノを置いてあるにも関わらず「シンプルでかっこいい」印象を与えています。
ベースとなる色を決めておくと、他の色を使ってもかっこいい部屋を演出出来ます。但し、白は明るい色なのでアクセントとなる色も発色のいい色を使わないとバラバラな印象を与えてしまいます。

 

13-0405-04

こちらは一転して落ち着いた印象のリビングルームですが、ダイニング、ソファ、壁紙、床をブラウン系の色で統一しているのでごちゃごちゃしてなくて「シンプルでかっこいい部屋」という印象を受けます。ブラウン系に対してカーテンの色が薄いグリーンなので暗くなりすぎず明るい印象ですね。これも主役となるブラウン系が目立つような演出が効いています。

 

13-0405-03

このお部屋も家具の色と天井の色が白で統一されていますね。また床の色が薄い色になっているので白を引き立てています。壁に黄色や茶色を使っているのでうるさそうですが、ベースの色をきちんと決めているので「かっこいい部屋」という印象を受けます。色の使い方が非常に上手い例と言えるでしょう。家具の配置も全て壁に沿って配置しているので、お部屋の中にすっと空間が生まれています。

 

13-0405-02

最後は一番分かりやすい事例です。ぱっと見ただけで「かっこいい部屋!」という印象を受けますね。ここまで読んでくれた皆さんにはもう説明するまでもないと思います。
「かっこいい部屋」の条件を全て生かしたお部屋になっていますね。白と黒の使い方が見事です。空間を広く見せる低いソファも直線を生かしたデザインなので、白と黒のお部屋のアクセントを崩すことなくすっきりとシャープな印象を与えています。家具の配置も左右対象に配置して整っているのですっきりした印象です。かっこいい部屋とはこういうことを言うのですね。

 

このように「整える」「揃える」「広い空間を創る」ことを意識するだけで簡単に「かっこいい部屋」を演出することが可能です。
皆さんのお部屋も、もう一度見なおしてみませんか?

http://mosteleganthomes.com/simple-ideas-for-modern-housing-interior-design.html

Simple Ideas for Modern Housing Interior Design [Most Elegant Homes]