道後を歩いて道後を見つけよう!「道後装飾事典」ワークショップ開催!11月1日に愛媛県松山市の道後温泉を実際に歩いて「道後を知る」ワークショップが開催されます。

地元の私達も知らない道後、松山市以外の県内にお住まいの皆さん、もちろん県外にお住まいで「もっと道後を知りたい!」

とお思いの皆さん、さらには道後を彩る様々な建築物について1級建築士の白石さんと一緒に学ぶワークショップです、是非皆さん奮ってご参加下さい。

 

 

道後の装飾

【ワークショップの目的など】
道後の街を歩いてみると、道後温泉本館に「湯玉」が至る所にデザインされていたり、伊佐爾波神社の本殿や廻廊に多くの動物の彫刻が施されているなど様々なデザイン・装飾に彩られた街であることに気付かされます。


このワークショップでは、そうしたデザインや装飾を手掛かりに、みんなで道後の魅力を発見し、考える機会にしたいと考えています。
さらに、そうして街で発見したものを、出版という形で街に還元することができればと考えています。

 

【ワークショップの具体的な作業について】

ワークショップは、道後の街の「取材」と「執筆」とのふたつを行います。
「取材」では、ファシリテーターとともに参加者全員で道後の街を歩き、それぞれの発見(気になるデザイン等)を写真に撮ったり、観察を行ったりする予定です。「執筆」では、ワークショップ会場に持ち帰り、それぞれの発見を共有し、簡単な文章にまとめる作業を行う予定です。


そうして参加者全員の発見を『道後装飾事典』として後日発行し、配布することで街に還元したいと考えています。
「事典」というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、専門的な知識は不要で、街に興味があれば誰でもご参加いただけます。

 

【イベントの主催と詳細】

 

【お申込み方法】

メールfacebookホームページからお申込み下さい。

イベントの詳細はこちらのPDFファイル(422KB)をご覧下さい。