トヨタホームの「シンセ・スマートステージ」がHEMSを装備して5年ぶりのリニューアルデビューです。鉄骨ユニット工法の戸建住宅として実績を重ねて来ましたがエコ住宅の需要に応じてのリニューアルです。

13-0410-07

トヨタホーム株式会社(名古屋市東区泉1-23-22、取締役社長:森岡仙太)は、鉄骨ユニット工法の戸建住宅「シンセシリーズ」の主力商品「SINCE Smart stage(シンセ・スマートステージ)」を、5年ぶりに全面リニューアルし、4月27日(土)に発売します。

コンセプトは、「みんなにずっと」。幅広い世代、家族構成、嗜好に応える豊富な デザインやプラン対応力と、これまでの「シンセシリーズ」の特徴である耐震性・ 耐久性の高い技術で暮らしを末永く支える「安全・安心の基本性能」、更に、「スマートハウス技術」を強化させることで、省エネを実現しながら、より一層の快適と安心をお届けする住まいです。またトヨタホームは、従来のHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)に加え、「H2V eneli」を採用し、幅広いお客様のご要望に応えることで、全棟全商品をスマートハウスにすることを目指します。[日経プレスリリース]

新しいシンセ・スマートステージの特徴

  • 豊富な外観デザイン
  • 収納アイテムの充実によるプラン対応力

これらの新しい特徴に加えて従来の鉄骨ユニット工法の戸建住宅の大きな特徴である

  • 地震に強い構造体
  • 高い断熱性能
  • 健康・快適をお届けする空気環境
  • 60年長期保証

に魅力を加えています。特に「60年長期保証」はハウスメーカーならではの大きな安心と言えますね。

HEMSを装備

さらにHEMSを装備したことで「エコ住宅」、「スマートハウス」としての魅力もアップしています。トヨタホームならではの先進のHEMSを装備した新しい「シンセ・スマートステージ」を是非チェックしてみて下さい

「スマートハウス」新シリーズ登場。シンセ・スマートステージ [トヨタホーム]