ドイツから新発想のインテリアブランド「TEO」上陸。
新進気鋭のドイツ人デザイナーと照明工房ETANO-HOMEによって2013年に設立されたインテリアブランド「TEO ティーイーオー」から、伝統的な素材を使用しながら、流行にとらわれる事なく、独特な世界観を感じさせてくれる照明シリーズが日本初上陸いたしました。

ドイツ人デザイナーのDavid Baur(デビット・バウアー)とLena Billmeier(レナ・ビルマイヤー)、そして照明工房のETANO HOMEによって2013年に設立されたインテリアブランド「TEO」。
ブランド名の由来は「Timeless Everyday Objects」の頭文字に由来しています。

今回のコレクションは、吹きガラスとビビットなカラーの塗装を施したメタル素材との組み合わせによる照明シリーズを展開。伝統的な素材を使用しつつも流行に決してとらわれない、ユニークなデザインと高品質な照明になっております。

日本の茶釜や中国のランタン、そして大きな帽子をかぶった小さな妖精などを彷彿させるデザインは、2人のデザイナーのグローバルな感性と独創性が生み出した至高のカタチではないでしょうか。

ペンダントライトは、シェードの上は間接照明、下からは直接照明と2つの光の調和をお楽しみいただけ、テーブルライトは、優しく暖かな光を灯してくれます。洗練されたシンプルで美しいフォルムはお部屋のインテリアにもなりワンランク上の上質な空間へと誘ってくれそうです。

現在ではヨーロッパのみで販売されており、日本では未発売のアイテム。東京ビッグサイトで行われた「Interior Lifestyle Tokyo」では、多くの人の目に留まり、多くの人に触れていただき、多くの人にTEOのライトから放たれる優しい灯を感じていただきました。

「多くの人に愛される照明に…」
そんな想いが詰まったTEO 照明シリーズです。

■販売開始日
2015年10月21日

■販売価格
ペンダントライトシリーズ 18,000円(税抜)~
テーブルライトシリーズ  15,000円(税抜)~

Value Press!