私事で大変恐縮ですが、昔不動産会社にいた時に賃貸の物件のある部屋を丸ごとショールームにして展示するのが部屋を流行ったことがありました。

今では当たり前のことなんですが「この部屋でどんな人が暮らすのか、どんな暮らしを期待して部屋を見に来られるのか」ということを考えていなかったんですね。マーケティング、というと少し言葉は難しくなるかもしれませんがこれはどの業界でも言えることだと思います。

「売りたいものを売る」のではなく、「顧客が欲しいモノを売る」

最近は家具の販売もこうした展示販売の手法が流行になっているようです。家具も住宅も主役は「そこで暮らす人」なのですから。

詳しい内容はリンク先の記事をご覧下さい。(下記の写真は出典元及び企業名とは全く関係ございません。)

0316-02

広がる提案型家具販売 想定家族に合わせて展示 イケア、大塚家具 [- 経済・マネー – ZAKZAK]