リクルートがまたやってくれました(笑)。日本最大級の家具販売のポータルサイト「TABROOM(タブルーム)」をオープンさせました。

リクルートが家具のポータルサイト「TABROOM(タブルーム)」をオープン!

スタート時は国内外164のブランドからカタログをデータ化して掲載。チェア1,500種、テーブル1,000種強の品揃えで、アイテム数は約5,000種。色やサイズ、素材違いなどを含めると約8万種の品揃えを誇る、日本最大級の家具情報専門サイトとなる。カタログ換算すると200冊分以上の情報量だ。

まぁすごいボリュームですね、さすがリクルートさん。妥協するということを知らないというか、やるならとことんやるという姿勢はまさにリクルートさんです。

ただサイトに初めて行くといきなり「ログインしましょう!」という真っ赤な画面が出て来て少々面食らいます。

但し機能は充実していますし、ログインしなくてもサイトに入ることは出来ます。

これらの膨大な情報から欲しい家具を検索する機能も充実。色、価格、サイズ、素材などのスペックはもちろん、メディアの掲載歴やデザイン賞の受賞歴など、約20項目から絞り込んで検索ができる。デザイナー名から探せば、ブランドを横断して商品を探すこともできるので、家具マニアにもおすすめ。一般消費者だけでなく、スタイリストやコーディネーターにも利用価値がありそうだ。

今や家具単品で展示するのではなく、具体的に家具を使ってインテリアを展示するのが主流ですからね。こういう見せ方はいいんじゃないかなと思います。

それにしてもリクルートさんが家具のポータルサイトですか~。これも住宅需要が堅調な証拠なのでしょうか(笑)

http://www.japandesign.ne.jp/station/articles/view/183

リクルートが日本最大級の家具専門情報サイト「TABROOM(タブルーム)」をオープン [JDN STATION / インテリア]

家具情報サイト TABROOM[タブルーム]